妻苦輪愚狂会

輪行菩薩の貧乏修行。 新ショートクランク理論は自転車を変える。

自転車は人類最高の発明品。
常識を破る楽しさがある。
古代人のDNAを復活させる喜びがある。

最近、何でも電気で解決しようとしている人間が多すぎるのではないか?乗り物に限定してみると、汽車が電車に、自動車がEVにそして自転車が電動アシスト車に。子供の頃、SLが無くなることにとても寂しい感情を抱いたのを覚えている。汽車という言葉を使うと年寄り扱いにさ ...

1958年、ユーレーアルビーがデビューした。最終型アルビーは1988年ごろまで生産されていただろうか。実に30年というロングセラーであり、自転車いじりの楽しみを教えてくれたのはアルビーである。ボルトナットを緩めれば、バラバラに分解できまた元通り組み立てら ...

動物や植物のような生物には命があることは普通の人にも理解できる。しかし、太古の日本人は「万物に命が宿る。」と言っていたようだ。つまり、石ころにも命が宿ると。例えば、木材などはどうなんだろう。樹齢1000年の木を伐り出して木造建築を作ったとする。伐り出す前 ...

リヤディレイラーにはリターンスプリングとテンションスプリングの2種類のバネが使われている。テンションスプリングはローラーチェーンのテンションを維持するためとねじれ角が大きいため通常のコイルスプリングでは長さが長くなり、大きなスペースが必要であった。それを省 ...

人間はどうしても見えるところに目が行ってしまいます。私は中国で2年ほど仕事をしてきました。そこで感じたことは次の通りです。日本人は目に見えない部分でも誤魔化すことはしない、いや見えないところだからこそ手を抜きません。中国人は、見える部分だけ一生懸命やります ...

スローピングフレームは剛性が高いなどと言われていますが、私にはピンとこない。なぜなら、スローピングフレームにはロングシートポストが使われてますよね。すると、サドル部分のたわみ量はかなり大きくなってるはずです。たわみ量は、突き出し量の3乗に比例しますから、突 ...

旅のプランニングは楽しいものである。私のプランニングは実に雑である。フランスに行ったときは、東京~パリの往復のエアチケットとツールのコースガイドと現地調達のミシュランの地図だけ。シャルルドゴール空港に降り立って先ずは両替ができずに困った。日本語のできる台 ...

自転車は頭で考えるとろくなものができない。試作~試乗~試作の繰り返しの中で天の声が聞こえてくるのである。私には神仏が意地悪してるとしか思えない。だから、大きなヒント(失敗)を見逃さないことである。「ひらめきは向こうからやってくる。」・・・頭で考えてるとき ...

↑このページのトップヘ