急速に普及しつつある電動アシスト車。(E-BIKE含む)

免許が要らずだれでも乗れる。

しかし、明らかに人力自転車とは異なる乗り物である。人力自転車と原付自転車の中間の乗り物。

電動アシスト車の歩道走行は禁止すべきと私は思い、実際死亡事故なども起きていることから車道を走らざるを得なくなる。台数が増えれば事故も増え、道交法も改訂せざるを得なくなる。

車道の右側を逆走する行為は厳罰に処さなければならない。こうなってくると、電動アシスト車に乗るには最低限の交通ルールを教育する必要が出てくる。安全講習の義務化と受講終了証の携帯義務は最低必要になってくる。
さて、車道を走らなければならない場合、どこを走るのか。現行の道路設計のままでは走るスペースがないのが現実である。警察はその対応を全く考えてはいない。道路設計は警察の管轄外であるから「他人事」なのである。しかし、事故が多発すれば警察も動かざるを得なくなる。

「自転車は車道」という警察庁のお達しは地方によりかなりの温度差がある。山形などは、「車道走行が危険と感じたら歩道を走行してもいい。」と自転車の歩道走行は当たり前と思っている。この考え方を改めるには私一人が何度も警察に掛け合ってもどうにもならないことだ。

自転車という乗り物は道交法を守っていたら走れない乗り物である。だからと言ってむやみに危険な行為が許されるものでもない。この問題を誰がどうするのか?が明確になっていない。すべてがグレーゾーンのままである。
アシスト比が1:1以下のころは、人力自転車と同等の扱いでもさほど問題にはならなかったが、現行のアシスト比1:2という人力とアシスト力の逆転した状態では話が違ってくるであろう。
メーカーや販売店は売りっぱなし、警察は見てみぬふりはいつまでも続かない大きな代償を払うことになるであろう。
今年の電動アシスト車の販売台数は80万台を大きく超えると予想される。もはや、電動アシスト車は女子高生も乗る時代である。しかも、ルール無視の無法状態。自転車の走行スペースをはっきりと道路設計に盛り込まなければ近い将来大変なことになる。しかし、責任をもって行動を起こそうとしている人は皆無である。
警察に訴えても無駄なエネルギーを消耗するだけである。国土交通省も自転車走行を積極的に取り入れた道路設計など眼中にない。これを動かすには事故の多発を待つしか手はないのである。