MTBの出現で、ドロヨケ付きスポーツ車はあっという間に減少していった。
DSC03632

MTBの後はロードバイクブームとなり、自転車を趣味とする人たちは、MTBとロードバイクの両方を所有する人が増えた。

日本式ランドナー系のドロヨケ付き自転車は非常に少なくなり、山形では皆無といっていいくらい見なくなった。TOEIをはじめとする、観賞用自転車だけが生き残り、本来の旅する自転車は消えていった。

趣味の自転車のドロヨケはバフ掛けのものが多く、定期的にピカールで磨いてやらないと白く曇ってしまう。だから、ドロヨケ付きスポーツ車は維持するのに手間がかかり面倒くさいのだ。光輝アルマイトのドロヨケが普及していたら、少しは違っていただろうか。

売る側から見てもドロヨケのセッティングは美的感覚に大きな影響があるため、セッティングが面倒で工賃もそれほど取れないのでみんな敬遠してしまった。マスプロメーカーもドロヨケ付きスポーツ車からは撤退し、今までずっと継続して販売されていたのは丸石エンペラーくらいしかない。

もはやまともにドロヨケがセッティングできるプロショップなど微々たるものである。あったとしても満足のいくセッティングができるところは数えるほどしかない。

ドロヨケがあると、輪行も面倒くさいことからあっという間に消えていった。私などは、工具無しで前後ドロヨケを取り外せる工夫などやっていたが、時すでに遅しであった。
DSC00018

アラヤ工業など一部でドロヨケ付きツーリング車をがんばって販売しているところはあるが、拡販にはつながらない。もはや、スポーツ車といえばドロヨケ無しのOOバイクと呼ばれる自転車しかなくなってしまった。

美しい自転車を求めるユーザーも少なくなり、クロモリホリゾンタルフレームなど、歴史的文化遺産となってしまった。ランドナーをはじめとするツーリング系の自転車は絶滅危惧種である。
それでも、細々とやっていけるのは、日東さんと本所工研さんがメイドインジャパンで今も頑張っておられるからである。両社には仕事の上でも趣味の上でも大変お世話になっている。

今からドロヨケ付きスポーツ車に乗りましょうなどと言っても誰も相手にはしてくれない。もう、ランドナーブームなど夢のまた夢となってしまったのだ。今時、私のようにMTBもロードバイクも所有していない自転車乗りは稀有な存在になってしまった。単に流行を追いかけなかっただけなのに。

日本の自転車で日本文化として生き残っているのはママチャリだけである。しかし、ママチャリはママチャリに適したフレームになっていない。でも、もう少しすればママチャリなんて呼ばせないママチャリが出回ることになるであろう。