妻苦輪愚狂会

輪行菩薩の貧乏修行。 新ショートクランク理論は自転車を変える。

カテゴリ: 人間工学

インターネット社会ではいろんな2次情報にあふれています。でも、それが真実かどうかは分かりません。分からないデータで能書きをたれる人が多すぎますね。私が自転車を設計する時は、自分で実験したデータと体の声しか使いません。体の声と言っても声が聴こえるわけではあ ...

私はショートクランクを用いたペダリングの研究を長年やってきた。と言っても、研究らしいデータとか論文とかとは全く縁がなく、自分の体を測定器として体の反応を見ながらいろいろとやってきたのである。ここにきて、土踏まずペダリング法が脚に障害を持った人たちの役に立 ...

この車いすとの出会いは確か2000年ころの福祉機器展でした。車いすにペダルが付いている・・・歩けない人が自力で動ける?http://www.ashikogi-kurumaisu.com/cogy/私は車いすにペダルが付いていることに驚き、試乗させてもらいました。脚が麻痺していてもペダルなら漕げ ...

私は、15歳の時から約40年間、自転車の雪道走行を楽しんできた。雪道を走っていると現行自転車の欠点が見えてくる。まずは前傾姿勢ではお話にならない。前方視界が十分に確保できず、凍った路面ですってんころりん。ドロップバーなど危険極まりないし、分厚い手袋ではブ ...

私は強制的に自転車競技からスタートさせられた人間です。ピストでトラックを走っていて前を見ることはほとんどありません。というか前が見えない!ポタリングやサイクリング車になぜドロップバーを使うのかなあ。前が見えなかったら景色を楽しみながらのんびりと走ることが ...

フレーム設計にはこうしなければならないというものはない。しかし、頭の中で同時多発的に処理しなければならないものが出てきたりする。そういうものは、やはり積み重ねた設計経験がとても重要で、基本的なスケルトンは一瞬で決まってしまうと言ってもいい。一番、時間がか ...

よく目にする”低床式フレーム”とはなんぞや?通常はフレームサイズを小さくし、最低サドル地上高が低いものを低床式と呼んでいるようだ。また、メインフレームをUの字にしてまたぐ部分の高さを低くしたものをいう場合もある。しかし、本来の意味はBBHを低くしたものを言う ...

スポーツ車の常識は母指球ペダリング。でも、これはサドル高さを高くしなければならず、結局足つき性を犠牲にした安全性無視のペダリングになってしまう。この問題を解決する簡単な方法がある。土踏まずペダリング法である。これで、サドル高さは約20mmほど低くできる。 ...

↑このページのトップヘ